就活の出費は、なるべく抑えよう!

22.就活について

先日ニュースで大学生の就職活動が解禁されたと報道されていました。

私は大学卒業後も、大学時代から続けていたバイト先で
そのままフリーター生活を送っていたので、
まともな就職活動の経験はありませんが、
話を聞くと、やはりかなり大変だと聞きます。

履歴書を何10枚も書いて、
その会社に合った対策を行うということで、
日本の大学は卒業がしやすいと言われている分、
この辺の大変さは、他国と比べるとひょっとすると異常なのではないでしょうか?

 

また、就職活動では、きっとお金もかなりかかるはずです。

リクルートスーツに革靴、鞄、腕時計….などなど。

きっと交通費もバカにならないことでしょう。

なので、こういう時の出費では、
どうせ一生のうちで今しか使わないと割り切って、
安物で揃えてしまったほうが良いと思います。

 

ちなみに、私は時計販売店で働いていたことがありますが、
やはり就活用にと、腕時計を買っていく学生さんもたくさんいました。

そして、大体が2~3万円ほどの時計を買っていくのですが、
そんな時私は「そんな高い物買わなくても….」と、
いつも心の中で思っていました。

まぁ仕事なので当然高い方を売るように努力していましたが、
高い時計をしていれば採用されるわけではありませんので、
もっと別の部分にお金をかけたほうが良いと、思っていたのです。

例えばカシオにはたくさん安い時計が有りますが、
MTP-1240DJ-1AJFの楽天の価格は
2000~3000円ほどです。

 

約10分の1程度の価格で手に入る、こんな時計でも、
就活では十分通用するはずですからね。

もし、お金が厳しいと感じている就活生の方が読んでいたら、
ぜひ参考にしてみて下さいね!

ウォーキングの効果は歩き方で変わります。

40歳超えると運動しないと年に1%筋肉は落ちていく!?

身体活動量を20歳前後を100%として考えたとき、30歳後半になればすでに運動しない方の筋肉は年に1%以上の速さで老化していくとのことです。

 

もちろんその20歳までの筋肉量も関係するでしょうから、若いころから運動せずにいれば

それだけ元の筋肉量が少ないわけですから、衰えも早くなる計算です。

 

昨今では1日平均8,000歩を歩くこと(約1時間15分程度)、また中程度の負荷(この場合早歩き)を20分程度行うのが身体にとってもっとも良いといわれています。

 

ただし健康番組などでよくありがちな1日10分これさえやっておけば・・・とか、この食材が

健康に良いので毎日摂取しましょう!・・・というものにはあまり良いものがありません。

 

人間の身体も運動や食事に対してもそうですが、“慣れ”が起きてきます。

身体に慣れが起きてくると、刺激が足りず今までと同じ活動を行っていても効果が半減する恐れがあります。

 

食事に対してもこの食材が良いですよというのはこの10年間で考えてもバナナや納豆、ヨーグルト、アサイーなどありとあらゆるものが話題になってきました。

 

結局のところはどれも少量ずつ適度に食べるが一番いいんです。

運動にしてもいつもと同じ散歩コースではなく、気分によって変えてみたり、後ろ向きに歩いてみたり、足の親指のほうに意識を持っていって歩くと、いつもより内側の筋肉が鍛えられたりして、膝の悪い方には筋力を鍛えるにはもってこいです。

 

歩き方も少しだけ意識して歩いてみませんか?