病気が発覚したことをきっかけに始めたダイエット

病気が発覚したことをきっかけに始めたダイエット

私は10年くらい前から左半身の、主に左手足の動きがすこしずつ悪くなっていきました。

そしていくつかの病院の神経内科を周り、最終的に徐々に体が動かしづらくなっていく難病だろうとの告知を受けました。

その病気には治療法や治療薬がなく、「とにかくやれることは自分でやって、絶えず体を動かし進行を遅くしていくことしかありません。」ということになりました。

 

そして、私がダイエットをしようと思ったきっかけは、症状のある左足をかばっている右足の膝への負担が大きくなって来たからです。

そこで、膝への負担を少しでも減らしつつ、健康体を維持するために体重を落とそうと考えました。

そのために私の現在の食生活を見直し、ダイエットすることにしました。

 

まず実践したのは、脂っこい食事や炭水化物に含まれる糖質を制限するための糖質制限ダイエットでした。

もともと私は糖質たっぷりの小麦で出来たパンやケーキ類、お米で出来た煎餅やお団子などが大好きでした。

そのせいでコレステロールや中性脂肪の数値も高かったです。

そして、それに代わるものがないかと探していた時に、某コンビニで「低糖質パン」が発売されているのを知りました。

普通の小麦製のパンよりも糖質成分が少なく、更にはタンパク質・ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富という事がわかりました。

 

そこで、朝食時にはほぼ毎日食べていた普通のパンを、このパンに変更しました。

合わせて昼食と夕食時に食べていた炭水化物の代表選手、蕎麦・うどん・パスタなどの麺類やお米をほぼ食べなくしました。

炭水化物を制限したその代りに、食物繊維の多いサラダ類や水煮のシーチキン・肉・魚などのタンパク質を増やし、満腹感を得るようにしました。

 

ダイエットを実施していくにあたっての私の一番の問題点は和菓子・洋菓子を問わず、大のスイーツ好きということでした。

この大好きなスイーツ類を抑えるのはかなりのストレスになるので、無塩無油のミックスナッツやチョコレート、低糖質パンシリーズの菓子パンなどはちょこちょこ食べるようにしました。

米菓やポテトチップスのようなお菓子は一切止めました。

 

病気のために、走ったり歩いたりすることが出来ないので、糖質制限ダイエット以外にも毎日、体操やトレーニング台を使ってその場で出来る腕立て伏せや腹筋・背筋などの筋力トレーニングをしています。

こういうダイエットを行い2年程掛けて、63㎏台から58㎏台へ約5㎏の減量に成功しました。

 

でも、最近、リバウンドしてきたので、ファスティングして、一気に体重を落とそうかと計画中です。

コンブチャクレンズという酵素ドリンクが評判良さそうなので、ファスティングドリンクとして使ってみようかと思ったのですが、下記サイトをみて、

コンブチャクレンズはファスティングに使用すると危険って本当?

どうしようか迷っているところです。

グレープフルーツダイエットを試した結果

%e3%82%b0%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%95%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%84%e3%83%80%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%92%e8%a9%a6%e3%81%97%e3%81%9f%e7%b5%90%e6%9e%9c

私は結婚するにあたって、自分のウエディングドレスを作ることにしました。

結婚式を挙げる半年前にドレスの採寸をして、ドレスを作ってもらったのですが…結婚式2か月前になったところで、体重が増えていたことに気づきました。

何か嫌な予感がして、ドレスを作る際に採寸したものと体重は増えた時のサイズを比べてみると明らかにどこもかしこも太くなっていました。

このままでは結婚式でドレスのジッパーがあがらなくて着ることができなくなってしまうと言われた私は、やむを得ずダイエットを始めることにしました。

 

2か月しか期間がなかったのですが、運動が苦手な私は運動を取り入れても続かないと思い、そのころ話題になっていたグレープフルーツダイエットをしようと決めました。

もともとグレープフルーツが好きだったので楽にダイエットできると思ったのです。

しかし、それは甘い考えでした。毎日グレープフルーツを1個食べるというものだったのですが、とにかく飽きていしまいました。

ご飯の時間になるのが憂鬱に感じるほどでした。

普段のご飯のまえにグレープフルーツを食べると食欲が抑えられ食べる量が減っていきました。

 

そのおかげかグレープフルーツを食べるだけで、2か月3キロのダイエットに成功し、無事にドレスを着ることができました。

2か月でグレープフルーツを60個食べた私は、もうこんなダイエット嫌だと思ったのでした…。

今思えばいろんな人が飲んでいるコンブチャ(紅茶キノコ)の方がもっと簡単だったのかもしれません…。

毎日5分のシートマスクで潤いを蓄えています

シートマスク

肌の潤いのために以前から週に1~2回程度シートマスクを使用していましたが、最近では入浴後に毎日使用しています。

ただ、使用するマスクを変えました。以前使っていたのは、15~20分程度顔に乗せておくものでしたが、現在使っているのは5分程度でいいものです。

たまにじっくりとケアするよりも毎日少しずつケアしたほうが良いのではないかと考えたからです。

 

若いときにはしっとり化粧水を使えばそれなりに肌も潤いましたが、30代も終わりになってくるとそれだけでは足りないので、その場しのぎではなくどうすれば肌に潤いを溜めておけるかを考えるようになりました。

そして、じっくりと潤いを浸透させて溜めておけるのがシートマスクだと思ったのです。

さらにハトムギジェルで蓋をすることで、浸透力がアップしました。

ハトムギジェルはしっとりするけれどべたつく感じがないので、朝のケアでも化粧水の後にたっぷり使っています。

一度顔全体に塗った後に、さらに重ね塗りをして手のひらで顔全体を抑えて温めると潤いが満ちている感じがするのでお勧めです。

 

少しでもケアをサボると自分では気付かないうちに潤い不足になっていることが多いので、なるべく早めに手を打って潤いを溜めておくことを毎日心がけています。

他にも潤いを与えるのにパーフェクトワンなんかもおすすめです。

こちらのサイトを参考にしてみて下さい。⇒パーフェクトワンの体験談

嫁が話していた美意識の高め方

美意識

女性の多くはいつまでも若く美しくいたいものなのでしょう。

今回は私が嫁に聞いた話です。

 

まず、いつまでも若く美しくいたいのであれば、常にその思いを忘れずに実行しないといけないとの事。

美しくいるためにはお金がかかるイメージありますよね。

私の嫁は、エステなどお金をかける前にいつまでも若く美しくいられるためには、常に人に見られているって言う考えを持つようにしてました。

 

もともと仕事柄接客業でしたのですが、そうすると自然と普段のスキンケアや身だしなみをきちっとして外出するようになっていました。

ニオイにも気を使っていて、私が愛用している口コミが評判のデオラを、嫁も使っています。

 

その次には周りの方や見かけた人たちに綺麗な人だなって思ってもらいたいなという思いが出てきて、実際に褒めてもらったりすると、余計に手はかかるかもしれませんが、少し出かけるだけでもお化粧したりきちんとした服を着たりするのが苦じゃなくなるし出かけるのが楽しくなっていったようです。

それから自分へのご褒美や気分転換、趣味などでエステに行ったり美容室やまつげエクステなどしてました。

どれだけエステに行ってお肌が綺麗になってヘアカラーも綺麗になっても身だしなみが悪かったら綺麗なのに台無しになってしまいます。

 

お金をかけなくても、少なくとも何もしていない自分から少しでも普段を意識するだけで美しく変われるそうですよ。

今ボーカロイドの参考書が話題に!

カラオケ

ボーカロイドというのをご存知でしょうか?

正直私もあまり詳しくは分からないんですが(笑)
ヤマハが開発した合成音声の技術の事で、
メロディーや歌詞を入力すると、それに合わせて
人の声を元にした歌声が合成されるというものですね。

ボーカロイドという言葉は知らなくても、
おそらく初音ミクというのは聞いたことのある方もいるでしょう。

 

そして、そんなボーカロイドですが、
元々中高生の間では非常に人気で、
カラオケでもよく歌われていたようなんですが、
今ではなんとそれを使って勉強ができると話題になっているのです。

つまり分かりやすく言うと、
語呂合わせの替え歌のようなもので、
曲を覚えれば自然に「平安京」とか「鎌倉幕府」
などの言葉を覚えることができるというもののようです。

 

まぁこういった勉強方法には賛否両論あるとは思いますが、
個人的には全然良いのではないかなと思います。

それをきっかけに興味が湧いて、
自分でもっと勉強してみようと考える子供たちも、
きっといると思いますからね。

 

なので、そもそも勉強というのは、
教科書や授業だけで学ぶ必要は無いと思うんですよね。

最近はドラマでも信長協奏曲や、
真田丸のDVDなどもありますので、
そういった物を通して、歴史の出来事を
覚えていくというのもありだと思います。

まぁ真田丸は非常に長いので、
ちょっと効率が悪いかもしれませんけどね(笑)

 

きっと今後も私たちが学生時代の頃では、
思いもよらなかったような勉強方法が
新しく生み出されてくると思いますので、
大人になった今でも、そういうのはちょっと楽しめそうな気がしています。

就活の出費は、なるべく抑えよう!

22.就活について

先日ニュースで大学生の就職活動が解禁されたと報道されていました。

私は大学卒業後も、大学時代から続けていたバイト先で
そのままフリーター生活を送っていたので、
まともな就職活動の経験はありませんが、
話を聞くと、やはりかなり大変だと聞きます。

履歴書を何10枚も書いて、
その会社に合った対策を行うということで、
日本の大学は卒業がしやすいと言われている分、
この辺の大変さは、他国と比べるとひょっとすると異常なのではないでしょうか?

 

また、就職活動では、きっとお金もかなりかかるはずです。

リクルートスーツに革靴、鞄、腕時計….などなど。

きっと交通費もバカにならないことでしょう。

なので、こういう時の出費では、
どうせ一生のうちで今しか使わないと割り切って、
安物で揃えてしまったほうが良いと思います。

 

ちなみに、私は時計販売店で働いていたことがありますが、
やはり就活用にと、腕時計を買っていく学生さんもたくさんいました。

そして、大体が2~3万円ほどの時計を買っていくのですが、
そんな時私は「そんな高い物買わなくても….」と、
いつも心の中で思っていました。

まぁ仕事なので当然高い方を売るように努力していましたが、
高い時計をしていれば採用されるわけではありませんので、
もっと別の部分にお金をかけたほうが良いと、思っていたのです。

例えばカシオにはたくさん安い時計が有りますが、
MTP-1240DJ-1AJFの楽天の価格は
2000~3000円ほどです。
クリアネオ

 

約10分の1程度の価格で手に入る、こんな時計でも、
就活では十分通用するはずですからね。

もし、お金が厳しいと感じている就活生の方が読んでいたら、
ぜひ参考にしてみて下さいね!